FC2ブログ

目指せハイパービジネスマン 日常の差がつくちょっとしたコツ

普通のビジネスマンが誰でも出来るようなちょっとした行いの差、その積み重ねが実はいつしか大きな差となり脅威のビジネスマンを生むんです。 役立つヒント、書評、ビジネス英語、人間力UP、コミュニケーション能力UPに繋がるネタを紹介します。

通訳するのに優しい日本語が英会話の壁を低くする

TOEICの点数はまあまあとれる、
とか少し英語は勉強したんだけど、ふれてるんだけど
会話となるとさっぱり・・・という方にちょっとヒントを。


●自分が、自分の通訳になったと思ってください。

 頭の中で起こってることはそんなことです。

 自分の通訳になった感覚を持つのはちょっと
 難しいかもしれませんので、

●自分の近くにいる方が話す日本語を通訳するつもりで聞いてみてください。

 気がつかないようでしたら、気がつくまで何回か、もしくは
 何人か続けてみてください。

 案外、難しいそうな言葉で話をしてませんか?
 それも結構早口だったり。早口はさておき、難しいんです。
 気がつきましたでしょうか。
 比較的わかりやすい日本語を話す方もいますが、
 知らないうちに難しい日本語使ってるんです。

 そんな難しい日本語を簡単に訳せるわけ・・・ないです。

 自分がしゃべることを誰かに通訳してもらおうと思ったら、
 簡単な言葉で的確にしゃべらないといけないんだなって
 気がつきましたでしょうか。

 もう一度、 頭の中で起こってるのは
 自分の言葉を通訳してるようなものです。

 知識人だと思えば思うほど、というか
 ある分野でしっかり勉強したり経験もってしまうと
 ついつい難しい言葉とか使います。 このベースで英語と
 なると難しい単語とか覚えようとします。でそれが長い単語とか
 だったりして、発音がおかしい・・・とかネイティブの人は
 それほど使わない単語だったりとかで悪循環になります。

 自分で壁を高くしてしまいます。


 そう、いいたいことを簡単な言葉で話す特訓を
 してみてください。
 
 すると自然に英語の会話の壁が低くなります。


 もしも運よく通訳の方にヘルプして頂くような機会が
 あるなら、その方をフリーズさせてしまった瞬間こそ
 難しい言葉、難解な言い回しをつかった時です。
 それでも、往々にして理解しない相手が悪いと思ってしまって
 壁の高さが高いままにしてしまいがちですから。

 もう一度、
  簡単な日本語のほうが英語にしやすいわけです。

 わかりやすい日本語で考えるようにしてみるといいですよ。

 すると、プレゼンとかの資料もシンプルにまとめれるようになる・・・といいですね。


スポンサーサイト
英語 | コメント:0 | トラックバック:0 |

流れをイメージしてヒアリング力パワーアップ

先日、スタバでストロベリークリームを注文したんですが、
定員さんに、3回ほど、はっ?と聞かれて
そのたびにストロベリークリームと言ったんですが
何かおかしいと、思ってフラペチーノって付け加えたら、
やっとわかってもらました。
ここまでだとなかなか通じない英語でよくある光景で
あ~あとへこむんですが、
この店員さん、真剣に謝ってきまして、
すみません、しばらくコーヒーのオーダーしかなかったから
そんな豆あったかな~なんの豆のこといってるかと思った。
メニューにフラペチーノあるの忘れてた。
私の100%フォルトですって。
あまりに謝るのでちょっとびっくり。。。はさておき

●これは誰であっても、
思い描いてることを違うことって聞こえにくいです。
日本人は英語になると特に。
しかし、会話の流れがイメージできてたり、
相手が話すだろうことがイメージできてると、
なんとなく聞こえたり、聞こえてる気がします。
このなんとなくでも常に想像しておくって
ことは英語のヒアリングで結構大事です。

そして、よくあるアメリカのステーキレストランでの注文の光景・・・

 お肉を注文する→肉の焼き方は?→サラダそれともスープは?
 →サラダのドレッシングは?→サイドメニューでなにかいる?

だいたいこんな流れになるんですが、この流れが頭にはいってると、
正確には何をいってるかわからなくても受け答えができる
ようになるもんです。
だいたいでも流れがイメージできることが大事です。
実際に何言ってるかって人によってだいぶ違いますし、
アメリカ人でも正確にはわからないけどこんなこと言ってたよっ
なんてことは多々ありますから、細かいところが聞けなくても
問題ないです。
そして流れがわかってある程度聞こえるようになると、
少しかわった言い回しとかに耳が反応するようになってきます。
ほんとに!!!
これが成長を感じる嬉しいときになったりしますから。

ぜひ会話の流れを感じてみてください。


▲ちなみに、このスタバの後に乗った飛行機で
何飲む?って聞かれてコークと言って出てきたものを
飲んでちょっとびっくり
 バーボンコーク(って言い方するのかすら?)!!!
あきらかにバーボンをコーラで割ってて、これは???
発音が悪かったみたいで
I’ll have a coke…..がbourbon coke に聞こえた?
こちらがよくある違うものが出てくるアメリカの風景。
でもコーラのバーボン割りってみんな頼むのかなって???
have の v が b になって・・・bourbon??・・・
 
・・・いずれにしてもまだまだ勉強しないと・・・
英語 | コメント:0 | トラックバック:0 |

イメトレで英語力UPの近道

日本に出張するとよく聞かれる英語の勉強方法・・・

何が実際正解かなんてないとは思いますが、
勉強方法とかの前に私が思うひとつしておくといいこと。

これ、少し英語できるようになった方がもう一段上を
目指し続けるときにも有効なことですので、ぜひ。

それはイメトレです。な~んだですよね。

でも案外みなさんやってませんので、
ぜひ、どんなふうに英語を使ってる自分になりたいかを
出来る限り具体的にイメージしてみてください。
こんなふうに英語を使ってる自分、自分が出てくるドラマの1シーン
みたいなものを可能な限り鮮明にです。
状況、場所なんかも。


例えば、
 仕事の電話を英語でかけて日本語と同じように
 コミュニケーションがとれてる自分・・・

 日本で異国の方をアテンドして普通に説明ができる自分・・・
 
 ランチやディナーで普通に雑談ができる自分・・・

このイメトレ、会話は日本語でもいいので
こんなこと話てる、こんな感じで話が聞けてると、
会話の中身まで勝手に妄想してみてください。

試験勉強をするのに問題からスタートするのと似てるかもしれません。

具体的に自分が英語を使ってる状況がイメージできると、
その時に話をする、または聞くだろう言葉もだいたい決まってきます。

少しわかりやすくるすると
 例えば、日本に遊びにきたアメリカ人の方と日本食を一緒に食べてるシーン・・・
 
 料理が運ばれてくると、これは何?ってほぼ聞かれます。
 会話となると、例えば、今まで食べたことある? 日本は何回目?
 前はどこに言った?・・・ぜひ好きなだけ一度どんどん妄想してみてください。
 いろんな魚の名前、煮るとか揚げる、とか必要になるなって思いませんか。
 案外、英語の前に、これどういう料理なんだろう?とかになったりしますが。

こんなこと、勉強しておきたい内容がより明確になります。
目標もおぼろげにやってると遠回りですから、ぜひ少しだけ近道を。

そしてこれ、夢を叶えるためにするイメトレとも一緒ですから
ぜひ英語だけでなく普通にイメトレできる自分をつくりましょう。

さて私も頑張ろうっと。



英語 | コメント:0 | トラックバック:0 |

英語のコミュニケーションのために磨いておきたいスキル


英語が出来ればらくらく英語圏で仕事が出来る、たくさん友達が
できるとか、とかとか、なんでも出来るようになると夢みてしまうこと
って案外多いような気がして怖いです。


残念ながら、日本語が出来てもうまくいかないことがたくさんあるのと
一緒でそんなわけはないです。

逆に日本語で出来ないことが英語で出来るわけはないないんです。


なので一般的に

「日本人が英語を使う=本来もってるコミュニケーション能力が低くなる」

ということになります。

でも

「英語が全く話せない=英語圏でコミュニケーションが出来ない」

とはならない。

「もともと高いコミュニケーション能力をもってる
  =英語が少々苦手でもコミュニケーションは出来る」

とうことにはなる。

なぜか、そうコミュニケーションって語学に頼らない部分が
たくさんあったりする。

表情、表現力、協調性などなど、
そして聞く力、というか相手の言ってる言葉を
理解しようとする姿勢も必要です。

英語になると余計に理解できないので、聞く事自体をあきらめて
しまう光景をよく目にします。これ要注意なんです。

話を聞いてくれない人とコミュニケーションが成立してるとは誰も
思ってくれないです。
そして聞いてないって表情からも感じとれてしまいます。

といったことを掛け合わせると

「日本人同士でのコミュニケーション能力が高い人+英語のヒアリング能力
 =英語圏でのコミュニケーションはかなりなんとかなる」

なんてことになるんです。

となんとかしたいのはこれ

●ベースとしての日本人とのコミュニケーション能力
●英語のヒアリング

この2点、凄~く大事にしてみてください。

英語での会話はその後でもいいかと・・・ただし以前に書いたと思いますが
日本で“コーヒー”と言ってしまう人は、なかなか“Coffee、Please”
とはならないかと。コーヒーくださいって言うことお勧めします。

日本人なら基本は日本語です。 日本語ベースでコミュニケーション能力が
高ければグローバルで活躍できる可能性をもってるってことです。

日本語の会話で面白くない人が英語で人を笑わせれるわけないでしょってのと
同じかな・・・まあ笑わせる必要はないけど・・

ちなみに、

「海外駐在する日本人でコミュニケーション能力の低い人達が集まって仕事をする
   =現地法人が崩壊」

ってことに成りかねないんです。

支離滅裂かもしれませんが、さっ“SMILE!”笑顔を大事に!


英語 | コメント:0 | トラックバック:0 |

英語でのコミュニケーションのヒント


今日はとある会社の工場の竣工式典でアメリカ・テネシー州に
きていました。

そこの会社の社長さん、いい表情で英語を話すんです。
そのあとでちょっと英語の話になって凄く考えた方が
あったものですから
今日は英語について。

よく英語を勉強してるときに、
 ・ここはなんでingなんだっ?とか
 ・なんでここではmayって使うんだろう?
 ・この言い回しとこの言い回しではどっちがいいのだろう?
とか考えたりしませんか? 

私的にはだいたい好きにしたらってなります。
細かいことを考える時間があるなら、
ぜひともその時間を発音の練習に使うことをお勧めします。

”R” とか ”L” とか、または案外我々が
気にしない”M” とか、
まあ難しい音がたくさんあります。THなんかは
音のあるバージョンと無いバージョンがあったりしますし・・・
TとかPとか凄く強い音ですし・・・

会話ってひとつひとつの単語の発音がまあまあ合ってれば
実は案外高確率で成立します。

日本人どうしでも、全部の会話を理解してるわけじゃなくて
自然と想像しながら組み立ててます。 だからたまに
食い違うのですが・・・
同じように音がしっかりしてると、これが結構通じるんです。
歩みよりみたいな。

文法は必要なしって言うつもりもないですが、
我々日本人、もう少し音にこだわったほうが会話が成立します。
私は正直、文法はほとんど気にしてませんが・・

それはさておき、音に拘るといいことがあるんです。
それをひさしぶりに、今日お会いした社長をみて思いだした。
英語の音の、声を出す前の準備の状態の顔って、軽い笑顔、
口は軽く閉じた感じで横に開いてるような感じの音が多いんです。
自然に表情がにこやかになって、これでコミュニケーションとろうって
準備が完了です。
日本人がどちらかというと英語がわからないのにわかったふりをして
愛想笑いをしてる表情がニュートラルな表情とすればいいです。

ぜひとも、発音、たまには気にしてみて下さい。
私も上達させたくって、もがいてます。。みなさんもぜひ。

ちなみに、Cool とかSchoolってクール、スクールって
思ってるじゃないですが、くーおぁる、すくーおぁるって
感じだったりします。 たくさんこんな発見があります。
英語 | コメント:0 | トラックバック:2 |
| ホーム |次のページ>>