FC2ブログ

目指せハイパービジネスマン 日常の差がつくちょっとしたコツ

普通のビジネスマンが誰でも出来るようなちょっとした行いの差、その積み重ねが実はいつしか大きな差となり脅威のビジネスマンを生むんです。 役立つヒント、書評、ビジネス英語、人間力UP、コミュニケーション能力UPに繋がるネタを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ストレッチアウト、柔軟性を高めて可動域をあげる


スポーツでは、身体は柔らかいほうがいいですよね。 しっかり柔軟体操もします・・・
 少しはされますよね。プレーの前に。

さてさて会社・・・会社というのは身体と一緒なんですが、では会社となるとどうでしょう。
柔軟性って大事にしてますでしょうか?

どうも身体と一緒で年と共に、経験と共に、固くなる傾向にありませんか。
ついつい自分の役割、自分の部署の仕事はここまででいいと、ストレッチ
すること忘れて勝手に境界線を、限界をつくってしまいます。

結果として、身体(会社)のいろんな部位(部門)がかちこち・・・パーフォーマンスを
あげるどころか怪我でもしそうな身体(会社)になっていませんか?
仕事において可動域なんてことは下手すると考える機会もない。 
これでは正直素晴らしいアウトプットは難しいです。普通のアウトプット・・・過去にみたこと
あるアウトプットは出せる可能性はあると思いますが。


では、どうするか。

やっぱりスポーツと一緒で柔軟体操を事前にするようにしたいものです。

それには今担当している業務、目の前に転がりこんできた業務、実際に手を動かす
前に準備体操としてストレッチです。 ストレッチ・・・少しでも今までとどかなかった
ところまで届く、動くようにゆっくり身体を動かします・・・同じです。
動ける能力、範囲を拡げようとしなくてはいけません。
仕事においての準備体操は、それは自分が手を動かす仕事を、自分が今届かない部門、人
の視点で眺めることです。その仕事は外からどうみえてるのか、どうあるべきなのかを
です。 そして出来ることなら、社長になったつもりで、社長ならその仕事はどう
あるべきだと、どう進めるべきだと思うのかを、考える時間をとるようにしてください。

視点をストレッチするだけです。

たったこれだけ、仕事もストレッチしてから取り組むことで、しらないうちに
身体が固くなること、タコツボの中に入ってしまうこと、予防くらいはできます。

ぜひぜひ。

結構しらないうちに、凝り固まってますよっ。

可動域がひろい、柔軟性のある体の組織を目指してみてください。

スポンサーサイト
スキルアップ | コメント:0 | トラックバック:0 |

仕事における自分がいる意味


最近、世界最大の家電ショーと言われる展示会CESをみてきました。

4Kと呼ばれる解像度の高いテレビや曲面液晶などがたくさん展示されてましたし、
最近なにかと話題の3Dプリンターや、ヘルスケア関連・・・目の向きをセンサーが感知して
パソコン上のカーソルを動かしたり、こういった分野の進歩は物凄いと関心します。
それと同時に少し怖くなるのは、人の役割ってなんだろう・・・と
 ただ、それでも、そういった商品の説明はロボットなどではなくて人が行ってます。


さてさて、普段の自分の仕事、はたしてコンピューターなどで出来てしまうものでしょうか?
莫大な予算をかけてプログラミングをして自動処理させる、もしくはロボットに代わりに
やってもらえるとして成立してしまう仕事ってありますか?
いくつかはあるのだと思います。 では人である自分がやることで結果がよくなるだろう
仕事ってもってますか? これも、もってます。

では、自分が関わる仕事、自分を通ることで結果がよくなるようにしようと
してますか? よくなるように・・・です。
その仕事を引き継いだ時に聞いたアウトプットと同じように・・とか
前任者がやっていたのと同じようにではないです。
これまでと同じことしかできない・・・リピートできてしまう・・・
アウトプットの価値が一定・・・なら恐らく自動化できてしまいます。遅かれ早かれ。
そんなふうでないことを祈りますが、結構そんな方もたくさんみます。
事務系で特に・・・

こころあたりがあったら、取り組み方を変えてみましょう。1年のはじめですし。

なにやったらいいかわからない人、ひとつひとつの仕事に気をつかってみてください。
どうすると相手に喜んでもらえるのか、相手を助けてあげれるのか、考えることで
今自分が取り組んでる仕事のひとつひとつがコンピューターでは不可能な
輝きをもってきますよっ。

ただ、人が心を使うことでのおきるばらつきを嫌がる人もいます。
理解はできますが、私はそれだけではつまらないと思います・・・


自分を介すことで、自分ならではの仕事になるように気をつかってみてください。
アウトプットがかわりますし、必要ないこと、やらなくてもいいことが見えてきます、
そして改善したいことも。



スキルアップ | コメント:0 | トラックバック:0 |

将来に役立つ実践的自己啓発

自己啓発と聞くと、短絡的についつい資格の取得か、語学習得とかに
なってしまいがちです。もしくは何をやったらいいかわからない。

今日は実践で役に立つ、そして今の自分の仕事の殻(時にセクショナリズムだったり)を
打ち破るのに意味のある自己啓発の仕方をひとつ・・・

以下、これから自分の仕事の延長みたいなものを紹介しますが、これを自己啓発と
考えて取り組めるかどうかがポイントです。 資格取得の勉強を問題集からやりはじめるのと
にたような感じだと思って下さい。


①今所属する組織、会社の問題点をひとつあげる

※自分の所属する一番小さな集団ではなくて
せめて、もうひとつ大きな集団、もしくは会社全体として問題を定義すること。


②見つけた問題の解決策を自分なりに立案する

※大事なのは立案にあたって、今の自分のおかれた立場ではなく、その問題解決の最高責任者で
あって全ての決裁権を自分がもってると思って考えることが必要です。


③プレゼンテーション資料をつくる

※ネットで自分が問題定義した内容に関するキーワードをいくつか並べて
 検索してみてください。
 運がよければ近いことを考えてきた方の論文、レポートや企画書が出てきます。

以上、書いてしまえば簡単ですが、自分を一気に高めるのには凄く役に立ちます。
新人とは呼ばれなくなった方々にお勧めしたいです。

こんなことを、会社ではなく自分の時間で週に一度、まとまった時間がとれるなら
月に一度でもいいですが、回数を重ねていると視点も広がり、問題の捉え方も変わります。
簡単に言えば、必ず自分の器を大きくします。

そして、これをやると、勉強しておきたいこと、もっと明確になるはずです。
ぜひ試してみてください。
成長速度、早くなりますよっこれは。


スキルアップ | コメント:0 | トラックバック:0 |

趣味を通して自分を強くする

ちょっと更新をさぼってました。。。。

さて、今回は趣味について。

趣味を極めろっとまでは言いませんが、ひとつ、ふたつ真剣に打ち込んだ趣味をもつこと
をお勧めする社会人におけるその効果を・・

ひとつめ、
●異動、転職、退職・・・これらは自分だけでなく、当然ながら自分のそばにいる方にも
そういった転機が急に訪れるわけでして、で訪れるとどうなるか・・・仕事でつながりがない
場合はやはりかなりの確立で疎遠になります。 この転機って残念ながらなかなか自分で100%
コントロールできません。実は、会社は会社って開きなおって今所属する組織だけの、仕事の中だけの
関係しかもててないと、そういった転機が訪れた時の影響が大きいです。
そのコントールしにくいものだけに依存しすぎる状態から、防御力をあげるといったらいいでしょうか・・・
それには趣味を通じた繋がり、居場所を他にも構築しておくことです。
社内外、仕事の関係とか関係なく・・


もうひとつ
●趣味の世界、極めることに関しては年功序列もほとんど関係ありませんから、世の先輩方とお近づき
になる、またはコミュニケーションをとる大チャンスが潜んでます。
自身の成長の為にはここが凄く大事なポイントです。 趣味を通すことで、コミュニケーションの難易度
がお互いにとって下がります。そして趣味を通すと、よりその人そのものを感じることが出来ます。
自分もすすけるという意味でもありますが・・・

この二つ目ってのが自分の成長にじわじわきいてきます。
スポーツでもいいですし、音楽でもいいです、、、まっギャンブルでもいいです・・・
(ギャンブルって時としてその人そのものが出ますから面白いんですけどね)
趣味と呼べるものがなければ何かはじめてください。

◎そして、ぜひ何か深く極めようとしてみてください。
ただ、私の考える極めるは、その道の達人になろうというより、よく勉強してたくさん
経験しておこうです。 どっちかだけではな駄目でして、勉強×経験です。
結果、上手にならなくてもいいですが、勉強してさえいれば失敗談にすら、求心力が働きますから。

ということで、まもなくスキーシーズンですねっ。

スキルアップ | コメント:2 | トラックバック:0 |

平等に与えらているらしい時間を効率よく使うために ②


今日は先日の続きで時間の使い方・・・

 前回、頭を使う時間を増やすと書かせてもらいました。

さて頭を使う時間を増やすことで一気にアウトプットを増やす、今までと
同じ時間の中で効率よく仕事をこなしていくコツ・・・
 私が本当に大事にしてることをお伝えします。

パソコンや手帳を使ってスケジュール管理ってまあ普通に誰もがやります。
日の何時からは○△会議、何時からはチームミーティング、この会議とこの会議の間は
報告書作る時間っ、とか図面作成する時間って・・・枠をとっていきますよね。

これって作業する時間の枠です。

でもそれだけでは効率があがりませんので・・・
もう一つ枠をとって下さい。 手帳、スケジューラにいれる必要はありません。


その作業の枠ではなく、時間を上手に使う、ひとつひとつの作業を余分に時間を使わないため
には、作業にとった枠より前に考える時間、頭を使う時間の枠が必要です。
隙間時間から・・・というより何かをしてる時間から、とってください。


簡単に一番使えるのは移動時間・・・
 例えば、どこかを訪問して会議、その帰り道の時間の、例えばその中の10分は
 どうやって出席した会議の報告書をまとめるのかを考える時間として使うと
 決めておくんです。 席に戻ってからさて報告書をまとめるかってのではなく、
 報告書を書き始める時にはアウトプットのイメージを頭でつくっておくという感じです・・ある程度

  ちなみに移動時間・・朝の通勤時間、外出時・・・これは往復ありますから・・
    帰宅・・・社内の移動でも・・・

 案外、帰宅の時間って大事でして、だらだら会社に残って仕事しているくらいなら、ぱっと帰って
 その帰りの限られた時間内で、このことについて考えておこうって決めたほうがよっぽどはかどります。

  あと、お風呂の時間や、ランチの時間もお勧めです。

 これらの隙間時間を全力で使うというのは、気分的にもストレスかかりますから、
 その中の1/3とか半分を活用して、これはここで考えようって前もって決めること
 をお勧めします。

それでも、そんなことしたら、疲れるだろうな~って・・・心配いりません。
別に考え事をしながらお風呂に入って、出てきた時に
あ~疲れた~って言ってる自分・・・想像つかないですよねっ。逆にすっきりします。
頭の中がすっきりして、あとは手を動かすだけってところまでたどりつければ。

そう簡単に頭が疲れた~なんてところまで到達しないはずですから。

◎作業する時間というのは、やっぱり作業することに専念したほうが効率がいいです。
 そのために、手を動かす前に、作業する内容は、しっかり事前に頭で考えておくといいです。

 そして、このやり方が進化すると、
  事前に頭を使う、そして作業する・・・その作業は、作業する内容が事前に決まってるので
  今度は作業しながら、次の事を考える余裕が出てきてしまう・・・
  となります。

○もうひとつ移動にしても、ランチにしても、活用したい隙間時間って事前にこれだけってほぼ
決まってます。 その中の例えば半分を使うと決めると自然にどれだけの時間で
頭の中で仕上げたいのかが明確になります。 頭の回転、瞬発力があがっていきます。

 ぜひぜひ、頭を使う時間、決めてください。 作業はしなくて頭だけを動かす時間です。



スキルアップ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。