FC2ブログ

目指せハイパービジネスマン 日常の差がつくちょっとしたコツ

普通のビジネスマンが誰でも出来るようなちょっとした行いの差、その積み重ねが実はいつしか大きな差となり脅威のビジネスマンを生むんです。 役立つヒント、書評、ビジネス英語、人間力UP、コミュニケーション能力UPに繋がるネタを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

インプットのあと、アウトプットまでのスピードをあげる

仕事において、ひとつひとつの案件、なぜか難しくしてしまっている残念
な状況っていうのは実は結構自分で招いています。
そして頑張っているのに評価されない状況も少し同じです。

それを避けるコツはアウトプットのタイミングです。

さてAさん何かの打ち合わせに出席、Bさんに報告しないといけないトピックがが
あったとします。

 <ケース1のある日のAさん>
  報告するならしっかりまとめないとな・・・
  翌日に綺麗な(笑)書面をBさんに提出、ふうやれやれと

 <ケース2のある日のAさん>
  打ち合わせの後すぐトピックだけを速報として簡単に
  Bさんに報告(口頭でもメールでも)、ただし詳細は追って報告したいと

 みなさんどちらでしょうか。
 
●ここで気が付いて欲しいのは、トピックは時間の経過と共に残念ながら価値が
下がるということ。 おわかりでしょうか、新聞などがこぞってネタを探す意味が。
とすると、遅くなればなるほど、付加価値を追加本来そのトピックが
もっていた価値が下がるわけです。

これが最初に気が付いておきたいこと。

そして
●ケース2のように直後の連絡の場合、トピックから次の動き、追加情報を
期待するBさんでもさすがにすぐは無理だとはわかってるわけです。
だから、トピックだけで通常は許されます。
ここが更に大事なんですが、運がよいというか頭の回転がいいBさんが
いたなら、あれ調べとけよっとか、これやろうかってありがた~いコメントが
その時に聞けるわけです。
とすると、ここでケース1に戻りますが、ケース1の翌日の綺麗~な書面の
アウトプットを上回る事も容易になるわけです。

更に、依頼主の経験値が高ければ高いほど、もってるスピード感が
違うわけです(これは以前に書きましたので)。
まってるBさん、、、そこまで時間使うならこれもあれもやって
欲しかったなとなるわけです。


自分に対してインプットがあった際のアウトプット、展開のスピード
はすご~く大事にしてください。

インプットをとるために動き出すタイミングはまちまちです。
これを勘違いして、よしなんでもすぐやろうってのは違いますので間違えないように・・ 
インプットがあった後の動き、アウトプットまでのスピードが
出せることで、仕事の難易度は絶対に必要以上にはあがりません。

ここのスピードが無いと、自分からは見えないのですが
実は仕事の壁・・・時間と共に物凄く高くなりますから。


スポンサーサイト
魔法 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。