FC2ブログ

目指せハイパービジネスマン 日常の差がつくちょっとしたコツ

普通のビジネスマンが誰でも出来るようなちょっとした行いの差、その積み重ねが実はいつしか大きな差となり脅威のビジネスマンを生むんです。 役立つヒント、書評、ビジネス英語、人間力UP、コミュニケーション能力UPに繋がるネタを紹介します。

仕事スタイルを動画で考える

 
先日行ったスキーで、一緒に行った仲間が動画で撮影をしてくれました。
その彼はスノーボード一筋、私はスキーなんですが、ここを変えてみたらと教えてくれた
アドバイス、これがなかなかよかったんです。少しスキーがかわりまして・・・たぶん。
 
 さて、スポーツなんかは、動画で撮影したりすると、
 これが案外自分が思ってたよりいけてない、また悪い点がみつかったりするものでして、
 想像してたのとは乖離してることがほとんどでして、私の経験上、スキーなんかは
 特にがっかりします。。。他のスポーツでもそうですね。ゴルフも、そんなスイングしてるんだとか・・・
 でもやっぱり自分の動いている姿を見るのって凄く貴重です。

 しかし残念ながら仕事において、机に座ってる姿、会議に出席している姿、・・・ある一日を動画に
 とるなんて事はまずないですよね。 どんな感じでしょうね。 もし動画にとられてたら・・・
  きっとスポーツと一緒で、これまたがっかりするんだと思います。
 さあ~て、撮影してみましょうってのはさすがに言いませんが、
 たまには、毎日の仕事で出会ういろんな方々から、振る舞い、立ってる姿、発言している姿、話を聞いて
 いる姿、しぐさなどをみて、いいなって思えるものをたくさん見つけてみることお勧めします。

●ただ、その前にひとつ・・・仕事上でなりたい自分、こんなビジネスマンになりたいなって
 イメージはしっかりつくって下さい! 自分にドラマの配役を与える感じです。
  これがないと動画があっても意味がないです。

 例えば、
  仕事をばりばりこなしている人っ
  難しい仕事も涼しくこなしている人っ
  みんなが信頼してくれる頼もしい人っ
  誰とでも仲良く仕事が出来てしまう人っ
  めっちゃくちゃ怖くって誰も話かけられない人っ(これはないですか)・・・とか
 

 あとは、その頂いた役柄(なりたい自分)を全うするために、参考になるイメージを探すといいです。
 そんな人ってどう電話で話すんだろうとか、
 どうやって人を見てるんだろうとか、プラスその役柄に必要なことを勉強してみることです。
 そしてその役柄になりきろうとしてみれば完了です。監督のOKがもらえるかどうかはどこまで
 本物になりきれるかです。 

どちらかというと、これは形から入る感じですが、余裕があったら、本当は、その役柄ならこう考える、
こう発言するなど、内面も見つめてみることお勧めします。

しかし、形から入っても、知らないうちにいつか本物になります。継続すれば。
そしてこれも、有名なPDCAをまわして、目標を少しずつ修正していけばいいです。

・・・とある一日、ドラマの撮影で自分が登場すると思って仕事してみるのもいいかもです・・・ 


  


スポンサーサイト



プレゼンス | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |