FC2ブログ

目指せハイパービジネスマン 日常の差がつくちょっとしたコツ

普通のビジネスマンが誰でも出来るようなちょっとした行いの差、その積み重ねが実はいつしか大きな差となり脅威のビジネスマンを生むんです。 役立つヒント、書評、ビジネス英語、人間力UP、コミュニケーション能力UPに繋がるネタを紹介します。

処理能力を高めるためにインターバルトレーニング


 前回に引き続き、やらなくちゃいけないことが多すぎて
 もっと時間が欲しいって人のために少し。

 ①たくさんある仕事の中から、考える時間が必要なちょい難しい案件で
  少し納期に余裕があるものを後回しにする。 ただ、ここで片づけよって
  日時は出来る限り決めておいて欲しいです。

  このちょい難しい案件ってほとんど大事な場合が多いので
  すぐ手をつけなくても、ちょっとした隙間時間に、ふと頭を
  よぎります。でそのたびに少し頭を使ってます。知らないうちに
  仕事が進んでます。

●本題はここからです。 短距離走の準備です。

 まず我々人間の集中力ってそれほど長く持続出来ないことを理解しましょう。
 長い人で90分とかいいますが、90分の全力疾走は無理でしょう。

 ②簡単な仕事をリストアップして、その中から60分集中したら片付きそうな
 ものをピックアップ

さてここからインターバルトレーニングです。
仕事もスポーツと一緒で鍛えることで速さもでます。

 ③ピックアップした60分で終わるだろう仕事を
 45分で片づけようとしてみます。

  ◎これ意識すると姿勢とか変わるんです。
  立ち仕事でも、座り仕事でもですが。
  パソコンにしても、早くタイプするための戦闘態勢に入って
  るちいいです。 そして余分はメールはみない。 電話で入った
  急な仕事もよほどの事でない限りは手をつけない。
  姿勢、重心がいつもと変わってないなら、本気モードでないと
  思ったほうがいいです。

 ④60分以内で終わって残った時間、45分で終われば15分は
 ちょっとコーヒータイムです。休憩。 この間にまたいろいろ
 頭は動いてくれます。
  

こんなことを毎日、何回もするのはつらいです。
トレーニングですから。

でも一日に、1~2回、こういう時間をもつと、
処理能力が確実に上がっていきます。

仕事もトレーニングが必要です。

スポンサーサイト

スキルアップ | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<何気に言ってるNOをTHANKSに | ホーム | 多忙極まりないと思ったときに仕事を回す必殺技?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

 前回に引き続き、やらなくちゃいけないことが多すぎて もっと時間が欲しいって人のために少し。 ①たくさんある仕事の中から、考える時間が必要なちょい難しい案件で  少し納期に余裕があるものを後回しにする。 ただ、ここで片づけよって  日時は出来る限り決め...
2012-05-21 Mon 11:39 まとめwoネタ速neo
| ホーム |