FC2ブログ

目指せハイパービジネスマン 日常の差がつくちょっとしたコツ

普通のビジネスマンが誰でも出来るようなちょっとした行いの差、その積み重ねが実はいつしか大きな差となり脅威のビジネスマンを生むんです。 役立つヒント、書評、ビジネス英語、人間力UP、コミュニケーション能力UPに繋がるネタを紹介します。

自分の給与から必要な売上を意識する会社の数字

 よく、自分の給与くらいは稼げるように・・なんて言葉や、
 自分は給与よりもっと稼いでいる・・・なんて言葉・・・耳にする・・・

 これを言うのはきまって間接部門かなと・・・
 さてそれってどういうことでしょう。

 会社の数字、ってよく聞くような言葉・・・そして損益計算書・・・って聞きそうで
 実際のところは経理畑でなければめったに聞かない・・・そして響きがどうも面倒さい。

 粗利(売上総利益)>>>売上-原価
 営業利益 >>> 粗利-販売管理費

 ここまではいいですよね。ここから、営業外収益やら、特別損益やらを差し引きして、
 で会社として大切な税金・・・でやっと純利益・・・

 細かいことは一旦無視して、営業利益まででとめておきましょうか。

 給与、みなさんの人件費はどこにはいってるんでしょうね。。。

 実際に製造する工程にかかわっている人、なら一般的には原価にはいってます。
 なら、わかりやすいですね。 給与分を稼ぐというのは、なんとなく。

 では間接部門の給与は・・・はい販売管理費・・・
 さてではでは、どういうことでしょう。

 粗利10%の商売をしてるとします。

 ◎ 売上200万円 -原価180万 = 粗利 20万円 ですね。

 では間接部門の従業員が給与10万円で2名いたら、

 ◎ 粗利20万円 - 販売管理費20万 = 営業利益 0円

 です。

 ■では、あなたが粗利10%の会社の社長です。10万円の給与の
 従業員を一人追加したいのですが、いくら売上必要でしょう。 投資をプラスに
 するのに・・・

 はい、100万円以上です。 

 この計算が、会社という視点で自分の給与をみる際に必要です。

 なので自分の会社の粗利・・・例えば5%なら、給与の最低20倍の売上に
 貢献して欲しいわけです。 もし20%の粗利なら、5倍ですね。
 これは最低減です。 従業員が一人いることで、保険やら、経費やら
 他にも必要は費用が本当は付随してますから。

 さて、自分の仕事、どういやったら貢献できるのか、どれくらいの
 ことが出来ると、会社の数字という点で貢献できるのか、頭の片隅に
 いれておいてください。  
スポンサーサイト




コラム | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<社内の連携プレー | ホーム | 焼肉のことばかり考えてる人が考えてること 著:松岡大悟・・・禁じ手3度返しからの倍返し・・・銀翼のイカロス 著:池井戸潤>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |