FC2ブログ

目指せハイパービジネスマン 日常の差がつくちょっとしたコツ

普通のビジネスマンが誰でも出来るようなちょっとした行いの差、その積み重ねが実はいつしか大きな差となり脅威のビジネスマンを生むんです。 役立つヒント、書評、ビジネス英語、人間力UP、コミュニケーション能力UPに繋がるネタを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

社内の連携プレー

 イチローも、いつだったか、動いてないボールを打つゴルフは本当に難しいと・・・しかも
 野球は3割打てば・・・そんなにゴルフはミスができない・・・ようなことを言ってましたが、

 さて今日は特に社内間の連携ということについて・・・

 その前に”連携”と聞いて、まっさきに頭によぎるのは”連携プレー”ではないでしょうか?
 違うかな・・・運動が嫌いだと浮かばないのかもしれませんが。

 ○その連携プレーってスポーツだとどんなイメージでしょう。
 
 ・・・

 ○そのイメージ・・・・さて仕事の上で、社内間での連携プレー、同じ部署内ならまだましな
 イメージできるでしょうか? 部署が違ったら??

 ○そのイメージと、その前の連係プレーのイメージって一緒でしょうか?


 やっぱりここでもスポーツにおきかえてみますが、
 チームプレー・・・野球、サッカー、バレーボール、バスケット・・・・なんでもいいですが
 連携プレーをする場合、
 
 ○自分は動いてる? それとも動いていない? 

 はい、相手の動きに合わせて、もしくは相手の動きを想定して動いている・・・そうですよね。

 ○自分がパス出す相手はとまってる?

 はい、動いている・・・というか動いていて欲しい・・・ですよね。

   尚、連係プレーに関してですので、私はファーストで球まってるだけです・・・は連係
  プレーではなくて・・・

 ○では仕事となると、自分から動けている???

 ・・・

 よく社内で聞こえてきそうな声として、”この情報欲しかったら言ってください。用意しますので。”
 とか”このデータはここに保管しておきましたので必要があれば見てください”
 ”その手の情報はここにも連絡頂かないと・・・” とかとか・・・・
 
 とまったままで、連携を取り易い場所まで動こうとしてない人をよくみかけます。

 自分が動いてパスをもらいにいく、パスを出せる場所に自分が動く、自分が動いてパスを出しにいく、
 スポーツならあたりまえでして・・・
 仕事も一緒です。

 連携をとって成果をあげるには自分が動きましょう。

 ○尚、動きのついでに、今自分は野球の守備、ショートを守ってます。
 自分の真正面にころころとゴロで打球が飛んできました。 ようはショートゴロ・・・
 とまったまま捕球する? 前に出ながら捕球する??
 とまったまま動かずに捕球して、一塁でアウトにできる?できない?

 ・・・ 

 自分から必要だなと思う人へ情報を出したり、電話したり、メールしたり
 積極的に動いて、連携プレーの達人を目指してみましょう。
 まずは社内から。。。 そして良い連携は、先輩も後輩もわけへだてなくかと。
スポンサーサイト

判断 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<人の名前、他の部門、他の会社の名前を主語にして仕事をしない | ホーム | 自分の給与から必要な売上を意識する会社の数字>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。